ロゴ

lawyer.com

悩める遺産相続や自己破産は代行してもらえる!まずは弁護士に相談

弁護士に相談する前に

千葉でも法律に関わるトラブルで、弁護士に相談する方が増えつつあります。弁護士に相談するときには、これから紹介するポイントをチェックしておきましょう。

弁護士に相談するときのポイント

バッヂと本

正直に話すことが大切

弁護士に相談することになれば、自分の状況や要望について細かく話す必要があります。弁護士がどれほどの情報を持っているかということが今後の訴訟にも大きく関係してくるからです。不利なことも含めて正直に話すようにしましょう。

費用見積もりをもらう

正式に依頼した場合、費用がどれぐらいかかるのか、相談した時点で見積もりをとっておきましょう。また、費用見積もりの適正さを理解するために、ネットなどから料金体系と相場について事前に調べておくべきです。

必ずしも依頼しなくてもいい

相談した弁護士の話に納得し、正式に契約を結ぶことも多いですが、必ずしも依頼する必要はありません。条件に合う場合には、そのまま契約しても構いませんが、少しでも不安があれば違う弁護士を選ぶことをオススメします。

遺産相続・自己破産はプロの弁護士に相談しよう

スーツを着た人

遺産相続は弁護士へ

故人が亡くなり、葬儀を行った後は遺品整理から遺産相続まで、遺族にとって忙しいことばかりです。特に、遺産相続は親族間でトラブルに発展しやすく、最悪のケースだと警察沙汰になることもあります。こういったトラブルを回避するために、弁護士を雇う方が横浜でも増えているのです。第三者である弁護士を通すことで、遺族間の協議を円滑にすることができますし、全員が納得できる相続内容に繋げることができます。故人や遺族のためにも、遺産相続は弁護士に依頼するべきでしょう。

女の人

自己破産の問題を解決

多額債務を抱えたときには、「自己破産」を視野に入れることでしょう。しかし、自己破産は裁判所に破産申請書を提出し、免責許可をもらう必要があります。裁判所での手続きは書式の難しい書類の作成や提出、裁判官との面談など、個人にとっては知識が必要で、手間がかかります。個人でも解決することはできますが、こういった事態に陥った場合には、弁護士に依頼することが一般的です。弁護士なら自己破産の手続きを代行し、申請が通るまでサポートしてくれます。

[PR]
自己破産をするなら弁護士に相談すべし
基礎知識を事前に調べよう

ココがポイント!

自身と良好な関係を築けない弁護士と話をしても埒が明きません。担当の弁護士が信頼できないという場合には、途中で変えることも視野に入れておきましょう。

[PR]
相続は横浜のプロが解決!
メールから問い合わせが可能♪

[PR]
起業は東京の行政書士事務所に相談
会社設立手続きを徹底サポート!

広告募集中