故障から救済までの流れ【データ復旧は外科手術そのもの】

データ復旧に必要なもの

ノートPC

パソコンのハードディスクが故障した場合、データ復元のためには可能な限りそのハードディスクを稼働させないことが重要です。データ復旧センターではクリーンルームやドナーhddなどを使ってデータ復元を試みます。最新設備を整えた大規模なデータ復旧センターほど、データ復元の可能性が高いものです。

More...

大切な情報を取り戻す

スマホを触る女性

スマートフォンのデータ復旧は、ソフトやパソコンを使うことで自力で改善できる場合もありますが、水にぬれたり画面がつかないなどのトラブルがある場合は、専門の業者に依頼して復旧してもらうことが望ましいです。

More...

データを復元させるコツ

会社

仕事で使っているパソコンのハードディスクが故障してデータが読めなくなった場合、自力で解決するのは困難です。データ復旧センターのプロに依頼するのが確実な解決策ですが、信頼できる業者を探すにはコツがあります。実績が多くHPの情報も豊富な業者ほど高い確率でデータ復元が実現できます。

More...

いかにデータを救済するか

ネット

物理障害の復旧方法

企業などの職場で使われているパソコンのハードディスクが壊れてしまった場合、中に保存されてあるデータをどうしても読み出さなければならないケースが出てきます。ハードディスクは極めて複雑かつ精密な構造をしているため、特に物理的損傷を受けている場合は素人の手に負えません。それがデータ復旧センターに依頼すれば、まるで魔法のようにハードディスクのデータが取り出せることが多いのです。物理的に損傷を受けたハードディスクから、復旧業者ではどのようにしてデータを取り出しているのでしょうか。その答えはデータ復旧の現場を一度でも目にした人なら納得できるはずです。それはまるで医療現場のような風景ですが、実際に壊れたハードディスクからデータを復元する作業は外科手術に似ています。問題のハードディスクは無菌室のような部屋で慎重に分解され、壊れた部分の部品が交換されます。故障から救済までの流れを知っておけば、もしもの時に役立つ事は間違いないでしょう。

復旧率を高めるには

交換される部品は何でもいいというわけにはいきません。そのハードディスクと同じメーカーで同じ型番の製品を探し出さなければならないのです。寿命を迎えるほどのハードディスクはすでに新品として市場に出回っていないのが普通ですから、中古品を調達することが多くなります。ハードディスクの種類は無数に近いほど多いため、部品を取り揃えるだけでも大変なコストがかかるものです。ハードディスクの制御基板を交換する際にも最新の注意を払わなければなりません。基盤の調整はミリ単位ですが、磁気ヘッドやスピンドルモーターの微調整はナノ単位が求められます。プラッタと呼ばれる磁気ディスクそのものを交換する作業は最も難易度がたかいものです。そのように熟練したスタッフの神業的な作業を経て、データ復旧も可能になるのです。どれだけ最新の設備を整えていても、ハードディスクの状態があまりにも悪ければデータ復旧に失敗することもあります。依頼の際には壊れたハードディスクを可能な限り現状維持の状態で渡すことが大切です。故障を認識した段階で通電も一切ストップさせた方が、データ復旧の成功率を高めるためにも望ましいのです。