税理士に依頼するときにかかる費用はどんなことで決まる?
ロゴ

lawyer.com

税理士報酬の考え方!売上高もしくは作業量による違いがある

税理士に依頼するときにかかる費用はどんなことで決まる?

電卓を持つ人

売上高による報酬

税理士に依頼するときの報酬基準として、「売上高による報酬」の割合が最も多いです。なぜ、売り高によって決まるのかというと、依頼する側の売上が大きくなればなるほど、対応すべき取引数も増え、最終的な作業量も増えるからです。しかし、昨今ではIT技術の進歩により、システムによって作業が簡略されつつあります。そのため、最近では売上高による基準が当てはまらない税理士も少なくありません。

そろばんと人形

作業量による報酬

一般的な個人事業主や個人に対するときに適用される報酬基準は「作業量による報酬」になります。作業量による報酬で決まる場合、作業にかかる費用は細かく明細書に記載されていることが多く、依頼する側も金額の内訳が把握しやすいというメリットがあります。また、内訳を確認して、自身でできる部分は交渉し、報酬額を減らすことは十分可能です。しかし、その反面、オプションを追加し過ぎると想定以上の報酬になることも考えられるので、名古屋で税理士に依頼する場合も注意して下さい。

税理士の依頼が多い案件ベスト5

女性
no.1

決算申告・確定申告

年に一度、税理士が行う業務として代表的な案件が「決算申告・確定申告」になります。決算申告・確定申告の方法は法人・個人事業主とで違い、いずれにしても決算書データに基づき、正確な税額を出すことが求めれます。そのため、税理士に依頼する方も多いのです。

no.2

年末調整

「年末調整」に関する業務も年に一度行う業務であり、税理士での依頼件数が多いです。年末調整では扶養控除等申請書などの各種申請書を従業員に記入してもらい、回収した後に税理士に渡すという流れが一般的です。報酬額が従業員の数で変動するので注意が必要でしょう。

no.3

給与計算

「給与計算」を事務員に任せる企業が減ってきており、税理士に依頼するケースも増えてきました。給与計算を依頼するためには、毎月の給与明細を税理士宛てに作成し、事務所に郵送する必要があります。報酬額は年末調整と同様に従業員数で決まります。

no.4

消費者申告

法人・個人事業主が共に頭を悩ませる税金が「消費税」になります。特に、初めて課税事業者になった方であれば、税額の計算において難航するといったケースも珍しくないです。こういった消費者申告は税理士に依頼するのが一般的です。

no.5

記帳代行

日々の記帳業務は簡単ではあるものの、継続してやることは面倒くさいと思う方も多くいらっしゃいます。そんな記帳業務の代行も税理士で対応しているのです。記帳代行の報酬額は作業量によって決まりますが、場合によっては売上高で概算するケースもあります。

広告募集中