経営者の味方!顧問税理士にはたくさんのメリットあり
ロゴ

lawyer.com

顧問税理士をつけるメリットとは?個人経営で頼れる人材

経営者の味方!顧問税理士にはたくさんのメリットあり

レディ

時間と税金を節約できる

顧問税理士をつける最大のメリットは、税務に関する事柄を全て代行してもらうことが可能な点です。個人経営をしている方であれば、自分の事業を成長させることに手一杯だということは容易に想像できます。そのため、顧問税理士をつけていれば、時間がかかる税務をお願いしつつ、節税対策も行うことができます。こういった「手間を減らせる」「節税ができる」ということは、経営者にとって大切でしょう。横浜の経営者も活用してみて下さい。

相談

経営者の相談役になれる

経営者の立場というものは、基本的に何事も自分一人で判断する必要があり、迷ったり悩んだりした場合においても孤独であることが多いです。もしくは、同じ経営者同士で相談するということもあるでしょう。しかし、このような相談はできれば他の同業者に相談したくないと思うこともあるでしょう。こういったケースでも大阪で税理士を雇っていれば、自社の財務状況なども把握しているため、気軽に相談することが可能なのです。

公認会計士と税理士を比較!

公認会計士

公認会計士は、企業の経営をチェックする監査の役割をもち、経営戦略などの相談にのるコンサルティングが主な仕事内容になります。

税理士

一方、税理士は税務署に申告する書類を作ったり、その申請を行ったりする「税務」に関わることを代行するのが主な仕事内容です。

広告募集中