自己破産の問題は行政書士に相談するべき!債務地獄から逃れるために
ロゴ

lawyer.com

多重債務は自己破産が必要?まずは行政書士に聞いてみよう

自己破産の問題は行政書士に相談するべき!債務地獄から逃れるために

スーツの人

多重債務の悩み

複数のローン会社から借り入れし、金額が返済できず、滞納して債務が重なってしまうというケースも今やたくさん見受けられます。この背景にはローン会社の審査が通りやすいからという意見が多いです。しかし、多重債務してしまったらどうすればいいのか?ということをまず考える必要があります。債務が小さい段階だと、完済まで少しづつ返すことになるのですが、あまりにも額が大きい場合、自己破産を行った方がいいケースもあります。

男女

自己破産で借金相殺

多重債務や多額債務でも「自己破産をすれば借金がなくなる」という認識をしている方も多くいらっしゃることでしょう。事実、自己破産すれば借金はなくなります。しかし、当然、その代わりに様々なデメリットがあります。例えば、借金を無くすためには「免責」という手続きが必要ですが、免責を行うことで一定以上の価値のある財産は全て手放すことになります。ただ、裁判所が定める基準で財産20万円以下の預貯金は手元に残すことは可能です。

ウーマン

行政書士に相談する

自己破産を申請するためには様々な書類が必要になり、そのどれもが難しい書式で素人には作成するのも難しいです。しかも、破産宣告と免責許可を通すためには、裁判官との面談もありますし、自己破産には手間暇がかかってしまいます。そのため、東京では行政書士に依頼するケースも多いのです。自己破産を行政書士に依頼すれば、弁護士よりも費用が少なく済むので、手元に残るお金も多くなります。自己破産後の生活を考えたときには、行政書士に依頼する方がいいでしょう。

行政書士と司法書士の違い

行政書士

行政書士は、「行政書士試験」に合格して資格を得ており、官公署に提出する書類、その他権利義務に関する書類、事実証明に関する書類の作成が可能です。

司法書士

司法書士は、「司法書士試験」に合格して資格を得ており、登記に関する対応や金銭・有価証券の供託に関する手続きの代行が可能です。

広告募集中